AIが木簡の木目を自動で消して実測図を作成します.

スマートフォンやタブレットのカメラで撮影した木簡の木目を消します.

木簡は白色の布(または紙)の上に置き,赤色の枠からはみ出さないように撮影してください.
木簡は上が左側になるように置くと良いです.木簡の置き方の例

連続撮影には対応していません.撮影ごとにページの再読み込みを行なってください.

木簡をカメラで撮影

 

結果
撮影画像 処理結果
サンプル木簡画像

木簡をお持ちでない方は,以下の木簡画像(PDFファイル)をダウンロードしカラー印刷してお試しください.A4サイズで印刷するとほぼ実寸大になります.

これらの木簡画像は,「国立博物館所蔵品統合検索システム Colbase」に収録されている画像から抜粋しました.